50歳からの転職成功に欠かせない注目すべき点

*

50歳からの転職は無謀か

リクナビNEXT[人気No.1定番の転職サイト!]
詳細
★★★★★
 職務経歴簡単作成ツールやスカウト機能など転職活動の効率を上げる会員限定機能が満載で、しかも登録も利用も完全無料!大手リクルートが運営しているから安心して利用できます。また、業界トップクラスの求人情報総数で50歳からの求人も多数掲載しています。
利用者の声
良かった
50歳で転職を実現するためには、一つでも多く、応募できる求人を見つける必要があると考え、常に業界トップクラスの求人量を扱うリクナビNEXTに登録しました。リクナビNEXTは、大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで、さまざまな求人が掲載されているうえ、業界や職種も幅広いです。自分の設定条件をゆるめに登録しておくことで、毎週相当な数の新着情報が届きます。間口を広げて応募することで、面接に進むチャンスも増えると思います。
良かった
50歳を過ぎての転職活動の現状がどうなのか、不安を感じていたが、リクナビNEXTには中高年を対象にしたコンテンツも多く、業界や市場の動向から気を付けるポイントまで、疑問を解消することができた。転職活動だけでなく、退職準備などの情報も掲載されていて、内定後はそれらを参考に段取りを組むことで、無事に円満退職することができた。リクナビNEXTには、満足している。
普通
リクナビNEXTには、「けいれきナビ」というツールが搭載されており、入力するだけで簡単に職務経歴書が作成できる。さらに「レジュメ入力講座」を読み、書き方に工夫を加えると、企業のスカウトの目に留まりやすいレジュメを作成できるとあり、期待して入力した。だが、若者向けの求人数が多いリクナビNEXTでは、50歳を過ぎた自分に企業からオファーが届く回数はさほど多くない。レジュメは定期的に見直しているが、自ら求人を探す必要がありそうだ。


ビズリーチ[転職成功実績No.1!]
詳細
★★★★
 転職エージェントで顧客満足度の高いビズリーチは、業界・職種に精通した頼れる専任アドバイザーが条件や経験・希望職種から求人を紹介してくれます。書類の書き方・面接の受け方・退職手続きなど転職全般をサポート!また、非公開求人数も多く、転職サイトに載っていない情報も提供してくれます。
利用者の声
良かった
最も驚いたこと、それはビズリーチの「引き出す能力」。私は自分のこともわかっていませんでした。それがビズリーチのスタッフと面談した後、自分の可能性、適性、そして何が足りないかを知ることになったのです。それらが転職に活かされたことは言うまでもありません。
良かった
金融関係の仕事をしていたこともあって、こうしたサイトに転職のお手伝いを頼むのは違うのかなと当初は思っておりました。しかし、ビズリーチは凄い。金融業界のことも概ねわかっているようで、こちらにぴったりの求人を差し出してくれたのです。理想通りの転職ができて嬉しく思います。
良かった
1度目の転職は30代の頃。さらなるキャリアアップを目指して50歳になったのを機に再び転職しようと決意。この年だと選り好みはできないと覚悟。それでもビズリーチはできるだけ良い条件・待遇の求人をピックアップしてくれた。30代の頃の転職よりも楽だった印象。
普通
あまりにも世間の評判が良かったので、少し肩透かしをくらったような気がします。これはビズリーチが悪いのではなく50歳という私の年齢や希望・要望の多さ・高さにも原因がありますが、それらを差し引いても、恐らく「まあまあ」のエージェントなのではないでしょうか。
普通
ビズリーチのひとつの自慢でもあるという各企業の分析レポート。私も数社見させていただきましたが、そこまで深く切り込んだ内容ではなかった気がしないでもない。普通の求人よりは詳細だが、もう少し人間味を感じるレポートだと社風が掴み易かった気がしますね。


1、ストラされる前に自ら転職を決意する

 一昔であれば50歳から転職をすると聞けば、「え!」と思うのが普通だったかもしれません。しかし近年は業績の悪化から40代や50代を対象にした、リストラが盛んに行われ転職を余儀なくされた中高年の方がたくさんいます。2012年末に実施された選挙で自民党が政権交代に成功し、その後の経済政策で日本の景気も回復の兆しを見せ始めました。

 それでも40代や50代を対象にしたリストラを行う企業は後を絶たず、今や戦後の日本の高度成長を支えてきた終身雇用や年功序列などの、雇用制度が崩壊しつつあることを証明しています。そんななかでリストラされることを恐れるよりも、自ら転職を決意する方がいたとしても不思議はありません。

2、十分な準備と計画性が必須

 50歳からの転職は無謀かと訊かれれば、十分な準備と計画性を持って行えば大丈夫だと言えます。転職を考える人の中にはリストラされることを恐れるだけでなく、会社の将来を心配したり、不安に感じる方もいるでしょう。もしそのまま会社に残ったとしてもリストラされたり、会社の業績が悪化したりと最悪のケースでは倒産することさえあり得るのです。

 では50歳からの転職は、どうすればいいのでしょうか?先ず大事なことは在職中に、転職活動を行うことです。50歳からの転職は決して容易ではありません。むしろ困難な道が待ち受けている、と考えた方が無難でしょう。それだけに慎重に周到に、転職活動を進めていくべきです。そのための対策としては、求人情報の収集が重要ですが、おすすめはハローワークと、転職サイトの両方を活用することです。

 ただ50歳からの転職であればハローワークの求人情報は、業種も職種も限られてきます。もし在職中に転職活動を行うのであれば専任の担当者が付く、人材紹介会社が運営している転職サイトがお勧めです。例えば面談で転職サイトの担当者に希望する仕事を伝えると、希望の求人情報をたくさん紹介してくれます。さらに履歴書や職務経歴書を持参すれば添削や、面接のセミナーの参加なども全て無料で受講できます。

ここがポイント!
●十分な準備と計画性を持って行えば50歳からの転職は大丈夫
●大事なことは安易に辞めずに在職中に転職活動を行うこと
●求人情報の収集はハローワークよりも転職サイトがお勧め
●材紹介会社が運営している転職サイトがお勧め

まとめ

 50歳からの転職は人材紹介会社が運営している転職サイトを、最大限に活用して早めに転職活動を行うことが大事です。何故なら転職サイトの担当者が50歳の方のスキルや、経験を活かせる求人を紹介してくれるからです。十分な準備と計画性を持って転職活動を行えば、50歳でも必ず希望するような仕事を見つけることができます。

公開日:
最終更新日:2015/06/15